しみ そばかす 消す

スポンサードリンク

「そばかす」の原因

そばかす

○ 遺伝が原因のソバカス


皮膚に色がついてしまう病気の中で最も多いといわれているのが

そばかすです。


ソバカスができる一番の原因は遺伝であるといわれています。


子供の頃に、太陽光線(主に紫外線)を浴びることによって

褐色の小さな斑点が頬などにできることがあります。


肌の色が白い子はそれが顕著に表れますが

これは普通の雀斑(そばかす)で、ほとんどの場合遺伝的なものです。


○ 遺伝が原因ではないソバカス


また青年期を過ぎ、海水浴などで日に焼けると両肩から背中にかけて

花弁状に大きなそばかすができることがあります。


これは「光線性花弁状色素斑」とも呼ばれており、ソバカスです。


このタイプのそばかすを消すのは少し難しいでしょう。原因はやはり紫外線です。

「しみ」と「そばかす」の違いは?

しみとは、後天的な色素沈着の総称です。


シミは、メラニン色素が異常にたくさん作られたり、眼の下や唇など本来無い部位にできたりすることにより生じます。


一般的に「しみ」と呼ばれているのは「肝斑(かんぱん)」ともいいます。


肝臓の色のような赤みを帯びた色になるので、この名前がついていますが、別に肝臓が悪くて出来るものではありません。


妊娠やピルの服用で増えることもあり、生理のある女性の両頬などの太陽光線を浴びやすい部分に

左右ほぼ対称にできる場合もあることから、女性ホルモンと紫外線(主にUVA)が深く関係していると思われます。

シミはどうしてできる?

しみ

シミの発生には太陽紫外線の影響を強く受けます。


ほとんどのシミは、皮膚の表皮にメラニンが増加して沈着してしまうことによってできます。


表皮が紫外線を浴びると、表皮細胞群のほとんどを占める角化細胞は

色素細胞(メラノサイト)にメラニンを作るように働きかけます。


そうするとチロシナーゼという酵素の働きで、色素細胞内でチロシンというアミノ酸が変化して

メラニンは作られます。


日焼けをした時のように、一時的なものであれば数か月もするとメラニンは消失しますが

紫外線を多く浴びてしまい、色素細胞の性質が変異してしまった場合

絶えることなくメラニンが過剰に作られてしまいシミに変わってしまいます。

スポンサードリンク